☆生搾りえごま油…!!

さて、2012年のGWも過ぎ去り、ちょっと落ち着いてきた5月18日に、
えごまの生産者の竹下さんの所にお邪魔しました!!


ネットでえごま油を扱わせて頂く際に、
インターネットでご注文の商品は「搾りたてでお願いします!!」とお願いしました。

それからず~っと、竹下のお父さんは「インターネットは搾りたてでないとダメだけぇ!」と
生搾りえごま油のご注文をお受けしたら、例え50m×1本でも搾って持ってきて下さっています。

手間も交通費もかかり、本当に申し訳ないなぁ…と思いつつ、お父さんのきちんと
ぶれずに「搾りたて」を持ってきて下さるところに感謝しつつ販売をさせて頂いております。
お忙しい時にもご夫婦共に、ニコニコ笑顔で「えごま油持ってきたよ~!」と届けて下さいます。
(いつも、いつも本当に有難うございます!)

------------------------------

さて、今回は竹下家にお邪魔したのは、以前から使用している油を搾る機会とは別に
少量でも油が搾れる機械を購入されたと教えて頂いたからなんです!

↓↓↓この機械はえごまの粒が2kg ~3kgの量 でも搾ることが出来ます。

c0213817_1775951.jpg
ちなみに、前の大きな機械は3~6kgまで搾れるそうです。(たくさんの時にはこちらですね!)

少量だったら、少しずつこまめに搾って、お手入れも楽ですし、大きな機械を休ませる
ことも出来るので負担が少ないです!
(TV放送があった時などは、昼夜を問わず、フル活動で機械を動かしておられ、
機械&お父さん、お母さんの体調も心配でした…。
道の駅スタッフもボロボロでした。笑 ありがたい悲鳴でしたね~。。。)


↓↓↓生のエゴマの粒に圧をかけて搾りはじめると、少しずつ油がでてきます。

c0213817_1712266.jpg



↓↓↓生搾りのえごま油が徐々にたまってきます!

c0213817_17232290.jpg
1kgのえごまの粒から生搾り油は280g~300gほどしか搾れません!(貴重です!)


↓↓↓焙煎搾りのえごま油の時よりは泡が大きな感じですね~。
c0213817_17152960.jpg



↓↓↓泡が消えるとこんな色のえごま油が搾れます!!

c0213817_17171181.jpg
本当の搾りたてです!!


↓↓↓ビンに詰めて、ふたをして出来上がりです!!(こちらは120ml入りです!)

c0213817_17255895.jpg
焙煎油よりも優しい黄金色です!!キラキラしておりますね!


↓↓↓生産者の竹下さんが、大切に育て、丁寧に搾った“生搾りえごま油”です。

c0213817_174915.jpg
ぜひ、一度お試し下さい!!!



青魚に含まれるDHAやEPAに変わるαーリノレン酸を60%程度含んでおります。
私のようにDHAのサプリが苦手なタイプは、若干最後に“青魚の匂い”を感じるかもしれません。
それが苦手な方は、 「焙煎搾りえごま油」をおすすめいたします!!
(私はこちらを愛用中!! 生搾りより香ばしくて私には食べやすいです。)

「青魚」が苦手でなければ、生搾りの方をおすすめいたします。
こちらでは賞味期限は、油を搾ってから“生搾り”は「6ヶ月」、“焙煎搾り”は「3ヶ月」としております。
(※感じ方は個人差がございます。「全く臭みがない」と言われる方もおられれば、
私のように「匂いが…」と言う方も。そして「焙煎油は苦手…」と言う方もおられます!
食べ比べてご自分で決めて頂くのが一番おすすめです!!!)




加熱してあるため、“生搾り”より“焙煎搾り”の方が賞味期限が短めとなっております。
ですので、少しでも酸化を少なくしたい方には生搾りをおすすめいたします!!

c0213817_17361824.jpg


☆生搾りえごま油の販売はこちらから>>



★焙煎えごま油のブログはこちら>>>


島根県川本町産の「えごま油」、ぜひ一度お試し下さいね~(^3^)♪





☆川本町観光協会のHPはこちらから…

[PR]

by kawamotomati | 2012-06-01 17:53 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://gogawa.exblog.jp/tb/18045301
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< ☆おとぎ館6月のイベント予定…!! ☆にんにく…!! >>